「個別指導のone塾」は、プロ教室長の個別指導で、勉強が苦手なお子さまでも成績が上がる『自学自習力』を身につけられる進学塾です【志望校合格保証制度あり】

お電話での受付時間:10:00~22:00

0120-76-9595

個別指導塾の授業料の相場

こちらでは「個別指導塾の授業料の相場」について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

学年別の塾費用の相場

小学生の塾費用の相場

文部科学省が公表している平成28年度子供の学習費調査結果によると、小学生の年間学習塾費は、公立小学校に通うお子様の家庭は平均56,864円、私立小学校の家庭は平均221,534円となっています。

ただし、上記年間学習塾費は全学年の平均値となっていますので、当然、1年生の費用は低く、学年が上がるにつれて高くなる傾向にあります。
参考までに、6年生の公立小の家庭は平均94,813円、同じく私立小は平均431,565円となっており高額ですが、これは中高一貫の私立中学を受験するご家庭が多いためと推測されます。

こちらの年間学習塾費はあくまでも平均ですので、お通いになる学習塾の授業形態やお住まいの地域などにより相場は変わってきます。

「集団と個別の授業料の違い」や「授業料以外の費用」については、こちらでご説明しております。

中学生の塾費用の相場

上記「小学生の塾費用の相場」と同様、文部科学省の公表資料によりますと、中学生の年間学習塾費は、公立中学校に通うお子様の家庭では平均202,498円、私立中学校の家庭は平均143,694円となっています。

こちらの金額も全学年の平均値となっており、学年が上がるにつれて高くなっていきます。中高一貫校のご家庭では各学年ごとに微増ではありますが、公立中学校に通うお子様の家庭では受験を控えた3年生の費用が一気に跳ね上がります。
参考までに、3年生の公立中の家庭は平均322,386円、同じく私立中は平均170,346円となっています。

こちらの年間学習塾費はあくまでも平均ですので、お通いになる学習塾の授業形態やお住まいの地域などにより相場は変わってきます。

「集団と個別の授業料の違い」や「授業料以外の費用」についてはこちらでご説明しております。

高校生の塾費用の相場

同じく文部科学省の公表資料によりますと、高校生の年間学習塾費は、公立高校に通うお子様の家庭では平均106,767円、私立高校の家庭は平均171,462円となっています。

こちらの金額も全学年の平均値となっており、学年が上がるにつれて高くなっていきますが、公立高校の学年による違いは微増で、私立高校のご家庭の学年による違いは顕著に表れています
参考までに、3年生の公立高校の家庭は平均127,908円、同じく私立高校は平均219,791円となっています。中学生よりも高校生の学習塾にかける費用が少ないのは、自学自習する力が身に付いてくると学習塾の必要性が薄れてくるのと、一斉指導についていける子が増えるため、個別指導から一斉指導へ切り替える事により、費用が下がっていると推測されます。

こちらの年間学習塾費はあくまでも平均ですので、お通いになる学習塾の授業形態やお住まいの地域などにより相場は変わってきます。

「集団と個別の授業料の違い」や「授業料以外の費用」については、次の「集団指導塾と個別指導塾の相場比較」でご説明しておりますので、そちらも参考にしてみてください。

集団指導塾と個別指導塾の相場比較

こちらでは、まず授業形態ごとの相場を見ていきます。

学習塾の授業形態は大きく分けて2種類に分類されます。先生1人に対する生徒の数や指導方法の違いはありますが、一人ひとり違うカリキュラムに基づいて少人数制で進める個別指導と、同じ学年・同じ教科・同じ単元を一度に説明する一斉指導です。

一般的に、1コマ(1回の授業)当たりの先生1人に対する生徒数の違いから、人件費のかかる個別指導形態の学習塾の方が月謝が高くなる傾向にあります。
また、両授業形態に言える事ですが、指導する先生が学生か正社員かによっても、授業料に影響します。さらに、各学習塾によって1コマ当たりの授業時間が違いますので、月謝だけで一概に判断できない事にも注意が必要です。

授業形態ごとの授業料の相場(当社調べ)
週2回相当

一斉指導

個別指導
(少人数制)

個別指導
(1対1)

小学生 10,000~30,000 12,000~45,000 18,000~55,000
中学生 15,000~40,000 20,000~60,000 30,000~70,000
高校生 18,000~45,000 20,000~70,000 30,000~80,000


上の表はあくまでも授業料の相場です。一般的には授業料の他に、入会時費用の入会金、テキストやPCコンテンツ等の教材費、教室の維持運用等の諸経費、模試代や季節毎の講習会費等々、各学習塾毎に名称の違う様々な費用が掛かります。

勿論、授業料に全て含めていらっしゃる学習塾もございますが、ホームページやチラシ等では授業料しか掲載していない場合もありますし、週1回の授業料しか掲載していない(週2回以上が高額)場合もあります。ですから、学習塾を選ぶ際には、まず年間でいくら掛かるのかを入塾前にしっかりと確認する事が大切です。

そして、学習塾選びで大切なのは費用だけではありませんので、体験学習を通して授業の内容や教室内の雰囲気、先生の人柄など、お子様に合う合わないを見極めて総合的に判断しましょう。