営業時間
9:00〜22:00
電話受付時間
10:00〜22:00(土日祝日も対応可)

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0120-76-9595

英語を楽しく学ぼう♪

※過去に掲載されたものの一覧です。

田中先生の英語Lesson Vol.1

みなさん、英語の発音で悩んでいませんか?
今回は「カタカナ英語は卒業したい」という声にお応えします!

例えば、英語の『音声記号』を学んでみるのはいかがですか。
辞書や教科書の単語の横についているあの記号です。
写真は音声記号についてカンタンに表したものです!ご覧ください!

田中先生の英語Lesson Vol.2

「Be動詞…びぃどうし?聞いたことあるけど何だろう?」という方、スッキリしましょう!
今日は代表的な使い方をマスター♪
わからないことがありましたらぜひ、お問い合わせください!

田中先生の英語Lesson Vol.3

前置詞(ぜんちし)って聞いたことありますか?
マスターすると表現の幅が広がりますよ♪Let's try!

わからないことがありましたらぜひ、お問い合わせください!

田中先生の英語Lesson Vol.4

助動詞(じょどうし)を使ってみようです!
今日は"can"です。「~できる」で有名なアレですね。

表現の幅を広げよう。You can do it!
ご質問は田中まで!

田中先生の英語Lesson Vol.5

中学生になって、英語の授業で耳にする『三人称単数(さんにんしょうたんすう)。』
はじめて聞くと未知の世界にビックリしますよね!

大丈夫!ざっくり言うと、一人称は『私(たち)』、二人称は『あなた(たち)』、三人称は...
それ以外です!

『三人称単数』という用語は知っておくと文法が理解しやすいです。
Let's enjoy English!

ご質問は田中まで!

田中先生の英語Lesson Vol.6

今日は"call(呼ぶ)"の使い方について学んでみよう♪
文の型はSVOCだよ。
と聞いて「…Cってなんだ?」って思ったみんなにはぜひ最後まで見てもらいたいです。

読み終わったあとに「Cって補語(ほご)っていう意味なんだ。」となれたら大収穫!
もし読んだ後もやっぱり「?」と感じたらいつでも田中先生に質問してみてね。
楽しく英語を学びましょう!

People call us " one juku".
Thanks a lot and see you soon  : 

田中先生の英語Lesson Vol.7

今日は英語の「主語と述語」についてです。

これが分かるようになっておくと、あなたがどの学年であっても、テストの得点力に大きな差が出ます。まず大前提として、日本語と英語は違う言語です。文の型もちがいます。

みんなが「異文化だからこそ、学んでいてワクワクする!」となれるように、
私はサポートしています♪

もしスグに「なるほど」とならなくても大丈夫。すこしずつ進みましょう。

例えば、「主語は名詞なんだな」とか、「述語には動詞が1つ」など、ちょっとずつ理解していきましょう。
分かりにくいところは気軽に質問してくださいね。
Enjoy!

田中先生の英語Lesson Vol.8

今日は「動詞」の使い方のおさらいです♪
「Be動詞」と「一般動詞」のちがいについては、あまりむずかしく考えないようにしましょう。

ざっくり言うと、「その動詞がBe動詞か、そうでないか」で見分けられます。

まず、英語の基本は「主語(名詞)と述語(動詞)」が一つずつ!

次に、その動詞が「Be動詞かどうか」。

文法用語にも少しずつ慣れて、見分けられるようになりましょう。

田中先生の英語Lesson Vol.9

泉が丘校ではSVOO型がさいきん人気(?)です。
 
「S V ヒト モノ」のおまじない!
SVヒトモノと単語をならべるだけで英文が書けるなんて素敵だと思いませんか。
 
(それに比べて、日本語なら「〜を」とか「〜に」など、とても複雑に助詞を組み込む必要がありますよね。)英語の基本文型はシンプルです。S V ヒト モノ!
 
※追伸※
それが分かるようになれば、さらに学習のヒントがあります。
ざっくり言うと、「ヒトやモノは名詞」だよ。
この知識は必ず英作文に役立つよ!
 
詳しくは気軽に質問してくださいね。

田中先生の英語Lesson Vol.10

みなさん、こんにちは!

当校の生徒から文型について質問が集まってきたので、今回は少し詳しく書いてみました!
★質問コーナー★
↓寄せられた質問はこちら↓
--------------------------------
「SVOのOは名詞ですか。」
 
↓田中先生からの回答↓
質問ありがとう。ざっくり言うと、はい、その通りです。
O(目的語)は名詞です。良い質問ですね!もう少し言うと、S(主語)も名詞です。
---------------------------------
 
もし「ん、、名詞?」ってなった人がいれば、一緒におさらいしよう!!
名詞はヒト、モノ、コト、です。
例えば、he(彼)、apple(リンゴ)、story(話)などは名詞の仲間です。
 
、、、話が広がってきました。
 
あんまり難しく考えないで、
ちょっとずつ慣れて、
英語を楽しみましょう!

田中先生の英語Lesson Vol.11

みなさん、こんにちは!
今回も生徒から質問を受けましたので回答しますね
--------------------------------------

Q「代名詞のところに『主格』とか『目的格』とか、知らない言葉がありました。あれは何ですか。」

A 質問ありがとう。よく勉強してるね。I-my-me-mine、、って学ぶときに、表の上の方に載っているアレのことだね。ざっくり言うと、S(主語)で使うのが主格、O(目的語)で使うのが目的格だよ。

​----------------------------------------
ここではSVOについても簡単におさらいしよう。
I meet them. 私は、彼らに、会います。(SVO型)

"I"はS(主語)だから主格の形に、"them"はO(目的語)だから目的格の形に変化しているね。
ここまで理解できれば、あとは慣れよう!
文法用語を学ぶことは確かに面白い。だけど、頑張って覚えようとせずに、たくさん英語に触れて「慣れる」方が理解しやすいこともあるよ。

質問はいつでも大歓迎です!英語を楽しもう!

田中先生の英語Lesson Vol.12

みなさん、こんにちは!
今回も生徒から質問を受けましたので回答しますね!!
--------------------------------------
Q:英語にも主語と述語があるのですか? 
 
A:質問ありがとう!よく勉強しているね。
 
はい、英語にも主語と述語があるよ。しかし、国語の主語・述語とはちょっと違うので注意が必要だよ。(文節と単語についてなど、詳しく知りたい時は田中先生に声をかけてね♪)
ざっくり言うと、まず、英語の主語は名詞だよ。そして、述語には動詞を含むよ。
ということは、英語の文には、主語と述語で「名詞と動詞が一つずつ」あることになるんだ。
これだけでは、ちょっと分かりにくいので、今日のレッスンを参考にしてみてね。
----------------------------------------
質問はいつでも大歓迎です!英語を楽しもう!

田中先生の英語Lesson Vol.13

みなさん、こんにちは!
to不定詞には3種類の用法があるってよく言われますね。
「名詞的…形容詞的…副詞的…」と教科書の見出しに載っていたりするよね。

それを聞いて「ん?」となったとき、まずは「名詞的用法」を学んでみよう!
名詞的用法とは、「~すること」って訳すアレだよ。
例えば、
I want to dance. (私は 踊ること を望む。=踊りたい)
I like to dance.(私は 踊ること を好む。=踊ることが好きだ)
この2つの例で言うと、はじめは「want to~」 や「like to ~」で学んだと思うんだ。

けど、to不定詞として学習するときは
I + want + [to dance(踊ること)]
I + like + [to dance(踊ること)]
というかたまりで考えるのがポイントだよ。

…そうは言っても、この単元はちょっと時間をかけて取り組んだ方がよいかもしれないね。
大丈夫。ゆっくり、納得しながらジックリ進みましょう!

分かりにくいところはなんでも質問してください♪

田中先生の英語Lesson Vol.14

みなさん、こんにちは!

ちょっと前に「主語が三人称単数の時、述語の動詞にはsをつける」というお話をしました。

ざっくり言うと、
一人称 私、私たち(I, we)
二人称 あなた、あなたたち(you)
三人称 それ以外ぜんぶだね。

後は数を確認して、三人称単数 はhe, she, it, a dog, the book, my sister....などのことです。
(ちなみに 三人称複数 は they, Mike and Josh, apples...などです。2個(人)以上あるものですね。)

はい、準備完了!あとは動詞にどうやってsをつけるのかを学んでみよう!
「覚える」より「慣れる」ことが大事!

ゲーム感覚で何回もチャレンジしよう!